The Weekly Herald

scie and axsee's electronics weblog.
<< 掘出し物 | main | JTAG Parallel Download Cable 組み立て >>
スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 書いた人:スポンサードリンク | - | | - | -
Olimexから基板到着 ところが… このエントリーを含むはてなブックマーク
 注文していた基板がOlimexから到着しました!

 基板をそっちへ発送したぞという、Olimexからのメールを受け取ってから一週間で到着。思っていたよりも早かったです。自分が設計した基板が現物としてできあがるとなんだか感動します。 さて、とりあえず品質チェックを……。
 どれどれー。

JTAG Parallel Download Cable基板。↓
JTAG download基板 xilinxのロゴと見たことある一羽がちゃっかり印刷されています。私用です。

H8/306x基板。↓
H8/306x基板 ああ、もっとシルクスクリーンを入れるべきだったかもしれない。裏側なんて部品をどうのせるの?って感じ。


H8S/2317基板。↓
H8S/2317基板 こっちも、シルクスクリーンによる情報が少ないか。306xボードと見間違えるかもしれない。


RS-232レベル変換基板。↓
RS232レベル変換基板 普通。

 どの基板も若干シルクスクリーンが少しずれたりかすれたりしていますがアマチュア用途としては気にならないレベル。裁断はいいかげんです。配線は問題なしかな―――と思ったら一箇所接触している部分が!!
証拠写真。↓
 接触箇所が見つかったのは合計3枚あるH8/306xボードの内1枚。明らかに失敗していますす。テスタで導通確認をしたので間違いありません。他の2枚は問題なかったのに。
 これはOlimexに文句を言わねばならない。とりあえずOlimexへメールを送信しました。どんな返事が返って来るのでしょう。

2006/03/31
 その後、Olimexから返事がきました。全文紹介。↓
「Hi, I appologize for this problem,
it's prototype, can't you re-pair yourself?
if you want re-placement we should receive the faulty board back and we'll make new panel.」
 うーん。Olimexに失敗した基板を送れば新しい基板を作ってくれるみたいですね。

2006/04/01
 欠陥基板を同封し、ブルガリアへエアメールを出しました。

2006/04/16
 未だにOlimexから、基板が届たという連絡が来ていません。届いたけど無視しているのか、それとも通常郵便で送ったため、途中で見事に紛失したのかわかりません。書留にすればよかった。
 新しく作ってもらうことは諦めました。所詮試作です。

2006/05/16
 あれ?
 ブルガリアからお届けモノが……。
| 書いた人:scie | Olimex | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
| 書いた人:スポンサードリンク | - | 22:40 | - | -
コメント
コメントする
※コメント欄にHTMLタグを使用することはできません。
※コメント欄内のURLは、自動的にリンクへと変換されます。
※英数字のみのコメントは投稿できません。









この記事のトラックバックURL
http://herald.jugem.jp/trackback/10
トラックバック
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


ブログ カウンター岩盤浴ゲルマニウム温浴