The Weekly Herald

scie and axsee's electronics weblog.
<< H8/306xマイコンボード組み立て | main | SRAMバッテリーバックアップ回路の設計 >>
スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 書いた人:スポンサードリンク | - | | - | -
H8/306xマイコンボード仕様公開 このエントリーを含むはてなブックマーク
初の自作マイコンボード。組み立て後、外部SRAMの動作も確認ができたので仕様、回路図等を公開します。また、ちょっとした問題点がみつかったのでそのことについて記述します。

H8/306xマイコンボードOlimex製両面基板
基板寸法:36mm×48mm
マイコン:Renesas Technology H8/3068 or H8/3069
外部SRAM:STMicroelectronics M68AF127B(128kbyte, Access Time:55nsec)
リセットIC:FUJITSU MB3771
ディジタルIC:TOSHIBA TC74VHC02FT
この基板を製作するにあたり、こだわったことは基板の小型化。基板外部に引き出すピン数に合わせ、これ以上小さくできないだろうなという大きさにしました。
H8-SRAM間の配線は手を抜きました。H8-A0とSRAM-A0、H8-A1とSRAM-A1のように、アドレスバス、データバスの端子名を一致させて配線しなくてもよいのですが、馬鹿正直にそう配線しました。

見つかった問題点
この306xボード、SRAMをバッテリーバックアップできるようにチップセレクト端子をスイッチングするディジタル回路を搭載しているのですが、実はそんな回路なんかなくてもよかったのです。

※SRAMバックアップ回路については、こちらの記事をご覧ください。→SRAMバッテリーバックアップ回路の設計

以下で説明する内容は、SRAMをバッテリーバックアップする回路を実装することを前提にしています。

SRAMには、チップセレクト端子が1つのものと2つのものがあります。

チップセレクト端子が1つの場合チップセレクト端子が1つだけの場合、左図のような回路を組む必要があります。私はこの回路に4回路2入力NOR TC74VHC02FTを使用しました。
H8S/2317ボードにのせる32kbyte SRAMはチップセレクト端子が1つだったのでこの回路構成です。そして、この306xボードにのせるSRAMには、チップセレクト端子が2つあったのです。
チップセレクト端子が2つある場合チップセレクト端子が2つある場合は、左図のように一方をH8のチップセレクトと接続し、もう一方をリセットラインに接続すればディジタル回路なぞ設ける必要はありませんでした。
このようにしておけばSRAMへのアクセスに対するディジタル回路による遅延時間も発生することもなかったのです。

しかし、私の306xボードの回路は左図のようになっています。CS2をプルアップし、わざわざディジタル回路を…。なんでこんなことをしてしまったのでしょう。おそらくよく考えていなかったのですね。
このように、無駄な部品を取り付けてしまったのです。しかし、端子の処理に動作上の問題はなくSRAMはちゃんと動作するのでたいした支障はありません。ノーウェイト2ステートアクセスできました。また、ディジタルICを取り付けなかったとしても基板の大きさはこれ以上小さくできなかったでしょう。

一応無事に動作するということで、Eagleのファイル(パターン図と回路図)を公開します。※回路図は非常に読みにくいと思います。
brdファイル --> herald_board_rev34.brd
schファイル --> herald_board_rev34.sch
以上で説明した問題点は修正しておりません!(←※2修正したファイルをアップしました)ディジタルICは取り付けたままです。ファイルは自己責任で使用してください。

後日、修正版をアップしたいと思います。(←アップされているファイルは修正済みになっています)

2009/11/07最新の回路図(pdfファイル)を公開します。
herald_board_rev34.pdf
| 書いた人:scie | オリジナルマイコンボード | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
| 書いた人:スポンサードリンク | - | 18:32 | - | -
コメント
コメントする
※コメント欄にHTMLタグを使用することはできません。
※コメント欄内のURLは、自動的にリンクへと変換されます。
※英数字のみのコメントは投稿できません。









この記事のトラックバックURL
http://herald.jugem.jp/trackback/13
トラックバック
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


ブログ カウンター岩盤浴ゲルマニウム温浴