The Weekly Herald

scie and axsee's electronics weblog.
<< グラフィックLCDモジュール 初編 | main | 車載加速度アナログメータ3 >>
スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 書いた人:スポンサードリンク | - | | - | -
車載加速度アナログメータ2 このエントリーを含むはてなブックマーク
サーボ炎上から約10日。
最近忙しくて、なかなか新サーボを買いに行けない。
そこで、メータ部分の代替案として電圧計をアナログメータ代わりに使用することにした。
メータ加速度センサはセンサに加わった加速度を電圧の高さで出力する。
電圧計をメータにするのなら、マイコンを使わなくてもこの出力を増幅してやればうまくいきそうな気がする。(うーん。なんで最初からこうしなかったのだろう)
増幅はトランジスタで出来るが、今回は手元にオペアンプがあったのでこれを使うことにする。
非反転増幅回路は非反転増幅回路。オペアンプはNationalSemiconductorのLMC662
このオペアンプは電源電圧いっぱいまで増幅してくれるので非常に使いやすく、axseeお気に入りの素子です。使うのは久しぶり。
とりあえず、今考えている方法でうまくいくか試したかったので未知数の加速度センサの部分をフォトトランジスタにして、LEDを付けて“アナログ距離センサ”をつくることにする。
オペアンプ回路図はこんな感じ。
LEDの光で壁などの物体を照らし、反射した光をフォトトランジスタで受光する。そのときの電圧(光の強さ)を増幅し、メータに表示させる。
蛍光灯の光などのノイズがモロに影響するため、実際に運用する際には可視光カットフォトトランジスタや赤外線LEDなどをつかって出来るだけノイズをカットする工夫が必要だが、今回はテストのためすべて省略した。
axseeは去年のちょうど今頃、マイクロマウスを作っていて、壁との距離を測るのにこの方式を採用していた。久しぶりにセンサ回路を作ったのでちょっと懐かしかった。

今回は珍しく何も破壊せずに完成!
動きはこちら
非常にわかりにくい動画ですが、LEDに物体を近づけるとアナログメータが振れているのが割っていただけると思います。
ちょっと敏感に反応しすぎですが、調整すればなんとかなりそうです。

よーし、次は加速度センサだ!
動作中の動画
| 書いた人:axsee | Car | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
| 書いた人:スポンサードリンク | - | 02:03 | - | -
コメント
コメントする
※コメント欄にHTMLタグを使用することはできません。
※コメント欄内のURLは、自動的にリンクへと変換されます。
※英数字のみのコメントは投稿できません。









この記事のトラックバックURL
http://herald.jugem.jp/trackback/55
トラックバック
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


ブログ カウンター岩盤浴ゲルマニウム温浴